本文へスキップ

多賀町立博物館は、滋賀県多賀町とその周辺の自然や人々の文化をテーマにした総合博物館です。

TEL. 0749-48-2077

〒522-0314 滋賀県犬上郡多賀町大字四手976-2

TOP > シガタガ ゾウのサト サポートメンバーのページ

シガタガ ゾウのサト サポートメンバーのページ

「シガタガ ゾウのサト」とは

シガタガゾウノサトイベント


 「シガタガゾウのサト」は、アケボノゾウ化石多賀標本が国の天然記念物となる動きや、取り組みを契機に動き出したプロジェクトです。『アケボノゾウ化石でわくわくするまちづくり』をコンセプトに活動します。アケボノゾウ化石が国の天然記念物に指定されたことをきっかけに、滋賀県多賀町に、アケボノゾウに関心をもってもらうように、みんなで活動を進めていきたいと思います。
 活動内容は多賀町立博物館のホームページやFacebookなどで発信します。


「シガタガ ゾウのサト」サポートメンバー募集

 アケボノゾウ化石のことを心の片隅に思ってくれる人なら、子どもから大人まで誰でもサポートメンバーになれます。「シガタガ ゾウのサト」の活動にがっつり参画する人だけでなく、ちょっと応援してくれる人も立派なサポートメンバーです。サポートメンバー登録者へは、メールで情報をお知らせするほか、サポートメンバー限定缶バッジをお渡しいます。
 必須事項(氏名、住所、連絡先)をお知らせ下さい。個人情報は事務局(多賀町立文化財センター)で管理し、この活動の連絡のみに使用します。

活動場所
 あけぼのパーク多賀 多賀町立博物館および多賀町立文化財センター ほか  
     
連絡先
滋賀県犬上郡多賀町四手976-2    多賀町立文化財センター0749-48-0348
                 多賀町立博物館 0749-48-2077                       
e-mail 宛先は bunkazai@town.taga.lg.jp  多賀町立文化財センター
 


活動予定

活動予定
 3月に官報で「アケボノゾウ多賀標本を国の天然記念物にすること」が告示されることをきっかけにイベントがおこなわれています。

令和4年(2022年)5月に、シガタガ ゾウのサトは、共催イベントとして「目には青葉 山ほととぎす 初公開」・・・たからものさんぽ  を実施します。

 ☆5月3日(火・祝)たからものさんぽ1 「胡宮神社 大日如来坐像と庭園」

 ☆5月4日(水)たからものさんぽ2 「青龍山登山と植物観察」 
 ☆5月5日(木・祝)たからものさんぽ3 「史跡敏満寺石仏谷墓跡」

                         以上は要予約です
(胡宮神社社務所にYOBISHI展示)   (胡宮神社庭園)

 ☆5月3日(火・祝)〜29日(日)たからものさんぽ一・二・三・四
  一「アケノノゾウ化石多賀標本」国指定天然記念物、
  二「胡宮神社庭園」:国史跡の追加指定、
  三「国史跡 敏満寺石仏谷墓跡の初公開」、
  四「県指定の史跡:胡宮神社大日如来像(あけぼのパーク多賀で指定記念
    の特別公開と展示)」
   をめぐりゴールは多賀町立博物館です。
  この「たからものさんぽ」にみなさん参加しましょう。  

  「目には青葉 山ほととぎす 初公開」のチラシは     →こちら
  (※ 今回のイベントは 文化遺産プランニング、敏満寺史跡文化保存会、
    多賀植物観察の会、シガタガ ゾウのサト、YOBISHIプロジェクトの
    共催です。)
    お問い合わせは 多賀町立文化財センター0749-48-0348
            多賀町立博物館0749-49-2077

交流会・イベントなどの案内は「シガタガ ゾウのサト」から下記でもご案内しています。参加ご希望の方は上記の連絡先へ連絡をお願します。
Instagram:https://instagram.com/shigatagazounosato

活動記録

動きだす!アケボノゾウ化石 〜第1回日本一が多賀におるゾウ説明会〜
◆令和3年11月2日(土)19:00〜21:00
多賀町中央公民館 多賀結いの森ささゆりホール
           
会場参加とオンライン参加(Zoom)で受け付け、参加者を受け付けました、小早川館長から「多賀のアケボノゾウってどんだけすごいねんな?!」を学び、アケボノゾウ化石をきっかけに多賀のまちづくりについて会場とZoomで話し合いました。


藁(わら)で骨格標本を作るークショップ  
◆令和3年12月11日(土)10:00〜11:30
             13:30〜15:00 
◆令和3年12月12日(日)10:00〜11:30
             13:30〜15:00 
 あけぼのパーク多賀のホールやカフェ入口と情報学習コーナーにおいて、藁でアケボノゾウ化石多賀標本の原寸大の骨格標本を作りました。博物館の新たな学びと縄ない伝統文化、レクレーションを骨格標本に集約すするようなイベントでした。小早川館長から骨格標本の一つひとつの骨の名前、発掘したときの小話を聞き学んで、パーツの大きさを実感、アケボノゾウ化石のすごさ、発掘の興奮を再体験することができました。参加者は50名(スタッフを入れて88名)、完成までの6日間でのべ100人超でした。

動きだす!アケボノゾウ化石 〜第2回日本一が多賀におるゾウ説明会〜  
◆令和3年12月18日(土)11:00〜12:30
          
この日10:00からあけぼのパーク多賀で、「アケボノゾウ化石多賀標本を『国の天然記念物』にすることを文化審議会が答申した」ことを受けたお祝いのセレモニーが10時から行われ、それに引き続いてこの説明会がおこなわました。約30年前の発掘についてのエピソード、アケボノゾウのデザインについての話のトークショー、じゃんけん大会を行いました。

第1回 シガタガゾウのサト  オンライン交流会
  
◆令和4年2月1日(火)19:00〜20:30
オンライン交流会 多賀町立文化財センターほか
           
オンライン参加で受け付け、文化財センター研修室を基地にしてオンライン交流会を行いました。文化財センターの音田所長から「多賀のアケボノゾウと多賀町の文化財・・多賀町の地域計画も含めて」を学び、アケボノゾウ化石をきっかけに盛り上げていく多賀のまちづくりについてZoomで話し合いました。 12月18日イベントの報告・3月お祝いイベントの内容を参加者のみなさんと話し合いました。 イベント主催:動きだす!アケボノゾウ化石でまちづくりプロジェクト



「祝・日本一が多賀におるゾウ 天然記念物おめでゾウ」
  
3月に官報で「アケボノゾウ多賀標本を国の天然記念物にすること」が告示されることをきっかけにイベントがおこなわれます。今回はコロナ禍の状況を考え大勢が集まることなく盛り上げることを考えました。 

◆令和3年(2022年)3月19日(土)〜4月10日(日)
シガタガ ゾウのサトは、
 「発見!まちの宝「はるは あけぼの ほのぼの さんぽ」 を企画しました。
多賀町の門前町絵馬通り周辺などで8つの「まちあるきチャレンジ」に参加しましょう。
  「はるは あけぼの ほのぼの さんぽ」のチラシは     →こちら
  「アケボノゾウ化石からそうゾウぬりえ」のはがきデザインは ⇒こちら


※ 今回のイベントは、主催:動き出す!アケボノゾウ化石でまちづくりプロジェクト  として開催しました。 共催:多賀町立博物館