本文へスキップ

多賀町立博物館は、滋賀県多賀町とその周辺の自然や人々の文化をテーマにした総合博物館です。

TEL. 0749-48-2077

〒522-0314 滋賀県犬上郡多賀町大字四手976-2

TOPイベント情報過去のイベント > 令和4年度(2022年度)

令和4年度(2022年度)イベント情報Events 2022 


祝・日本一が多賀におるゾウ 天然記念物おめでゾウ(特別イベント2回目)

oiwai イメージ oiwaiイメージ  アケボノゾウ多賀標本を国の天然記念物になったことを記念して、 シガタガゾウのサトが企画していただき、3月19日(土)〜4月10日(日)お祝いのイベントが行われます(→こちら)。
 記念事業として特別イベント2回目 「祝・日本一が多賀におるゾウ 天然記念物おめでゾウ」を行います。多賀町立博物館長の「アケボノゾウ化石多賀標本特別解説」(11:00~、13:00~、14:00~)、非接触ガチャガチャ、オリジナル物品を提供 など・・・
令和4年(2022年) 4月3日(日)11:00〜
場所:あけぼのパーク多賀ホール
主催:動き出す!アケボノゾウ化石でまちづくりプロジェクト 企画:シガタガゾウのサト/YOBISHIプロジェクト


自然観察会「山門水源の森の自然」 

○○○○○○○○イメージ

 「山門水源の森」(長浜市西浅井町)にはブナやコナラをはじめ様々な植物が生育しています。山門水源の森で初春を感じながら自然観察をします。。
令和4年(2022年)5月28日(土) 9:00〜17:00
集合:多賀町立博物館 9:00
定員:  15名(先着順、定員になり次第締め切ります)
参加費:500円(※保険料、高速料金など。)
◇チラシはこちら

七夕とアケボノゾウ:小惑星Akebonozou命名報告式〜町のお宝イベント(第3回)〜

○○○○○○○○イメージ

 多賀のアケボノゾウ化石は、今年の3月に、ゾウ化石として日本初、陸上大型哺乳類化石としても初めて国指定の天然記念物に指定されました。これを機会に、そのアケボノゾウを星にするプロジェクトが春からうごきだしました。そして、5月23日に、ダイニックアストロパーク天究館の杉江淳館長が1993年に発見した小惑星No.12349の命名について、正式に小惑星Akebonozou として国際機関から承認されました。 この命名の報告会があけぼのパーク多賀で行われます。これを機会に、アケボノゾウをまちづくりのシンボル的な存在として活かしていく方法を考えましょう。ホールでは、町のお宝イベント(第3回)とともに、アケボノゾウ多賀標本の発掘時の写真の他、ミニ展示「アケボノゾウと小惑星」も企画しています。
令和4年(2022年) 7月7日(土)11:00〜
場所:あけぼのパーク多賀ホール
◇当日のようすはこちら 11:00からホールで 七夕とアケボノゾウ「小惑星Akebonozou命名報告式」
            町のお宝イベント(第3回)  ミニ展示”アケボノゾウと小惑星”

夏休み自由研究応援講座 〜多賀の昆虫

たがのまちたんけん

 夏休みの自由研究を応援します。昆虫が生息する環境ってどんなところだろう?その環境を守っていくにはどうすればいいんだろう? 昆虫を探し、昆虫標本をつくり、それを通して自由研究のコツを伝授します。
令和4年(2022年)7月24日(日)
         10:00〜15:00 昆虫を観察しよう!       

集合場所:多賀町立博物館
講師:牛島釈広さん(株式会社ラーゴ)
参加費:小学生ひとりにつき100円(保険代)
対象:小学生とその保護者 5家族
申し込み:定員に達し次第締め切ります。 (定員に達しましたので締め切りました)
※新型コロナウィルスの感染防止対策および熱中症予防にとくに気を付けてください。こまめな手指消毒など、感染拡大防止にご協力ください。
◇チラシiはこちら

あけぼの夏まつり 〜小惑星 Akebonozou命名 おめでゾウ〜

○○○○○○○○イメージ

ダイニックアストロパーク天究館の杉江淳館長が1993年に発見した小惑星No.12349が、小惑星Akebonozou と正式に命名されました。今年はこれをお祝いしてあけぼのパーク多賀で「あけぼの夏まつりり」を実施します。子どもの大人も楽しめるマルシェ、あけぼのライブ、ゾウと星のおはなし、星とゾウのお楽しみ・よびし市などが企画されています。今後、アケボノゾウ、小惑星Akebonozouをまちづくりのシンボル的な存在としてみんなで活かしていきましょう。
令和4年(2022年) 8月6日(土)11:00〜15:00
場所:あけぼのパーク多賀・公園など
主催:シガタガ ゾウのサト 
お問い合わせ:多賀町立文化財センター 0749-48-0348
※新型コロナウィルス感染予防・拡散防止についてご理解とご協力をお願いします。新型コロナウィルスの感染状況等によっては急遽中止となる場合もあります。
◇チラシはこちら
◇あけぼの夏まつりのようすは→こちら

あけぼの星まつり 〜小惑星 Akebonozou 命名おめでゾウ〜

○○○○○○○○イメージ

 ダイニックアストロパーク天究館の杉江淳館長が1993年に発見した小惑星No.12349が、小惑星Akebonozou と正式に命名されました。「おめでとう!小惑星Akebonozou誕生!! 」 これにちなんで今年の夏は、星空に想いを馳せましょう。天究館友の会、天究館星の会の方々のご協力をいただいて、「アケボノゾウ」のいるあけぼのパーク多賀で天体望遠鏡で月と夏の星を観察しましょう!
令和4年(2022年) 8月7日(日)19:30〜21:00
場所:あけぼのパーク多賀大会議室・芝生広場・公園
講師:高橋 進さん(多賀町中央公民館専門員、元ダイニックアストロパーク天究館館長)
協力:天究館友の会・天究館星の会・多賀町立博物館
主催:シガタガ ゾウのサト 
参加費:ひとり50円(保険料)
定員:30人 (定員に達し次第締め切ります)
申込み:多賀町立文化財センター 0749-48-0348 (多賀町立博物館 0749-48-2077 でも受け付けています)
お問い合わせ:多賀町立文化財センター 0749-48-0348
※新型コロナウィルス感染予防・拡散防止についてご理解とご協力をお願いします。新型コロナウィルスの感染状況等によっては急遽中止となる場合もあります。
◇チラシはこちら
◇あけぼの星まつりのようすは→こちら

令和4年度滋賀の文化財講座 花湖さんの打出のコヅチ第4回 〜多賀町の文化財

たがのまちたんけん

 滋賀県文化財保護課と琵琶湖文化館が実施する文化財講座、オンラインで生配信している講座の全6回とも多賀町立博物館(あけぼのパーク多賀・大会議室がサテライト会場のひとつになっています。第4回には「敏満寺区の銅造大日如来像と多賀町の文化財」がテーマで実施されます。
令和4年(2022年)8月18日(木)14:00〜15:30 「敏満寺区の銅造大日如来像と多賀町の文化財」令和3年度滋賀県新指定文化財紹介A       
場所:あけぼのパーク多賀大会議室(オンライン講座のサテライト会場)
講師:和澄浩介さん(琵琶湖文化館)
定員:20名
申し込み:7月19日より受付。申込みは多賀町立博物館(0749-48-2077)。定員に達し次第締め切ります。
※新型コロナウィルス感染予防・拡散防止についてご理解とご協力をお願いします。新型コロナウィルスの感染状況等によっては急遽中止となる場合もあります。
◇チラシiはこちら

しが地域文化遺産フェスin多賀

文化財文化財修復

 滋賀県、多賀町教育委員会主催のイベントで、地域文化遺産の保存と活用を考え地域でつながるという趣旨のフェスです。歴史、文化、文化財に親しみ子どもも楽しく学べます。文化財修理のプロの技術を体験してみましょう。展示公開「パネルで見る多賀町の自然、歴史、文化」「彦根城を世界遺産に」「新・琵琶湖文化館に向けて」「仏像・屏風の構造を知ろう」があるほか、いろいろな体験ができるワークショップ、マルシェ「よびし市」、文化財お悩み相談会、トークセッション「まちづくりと文化遺産」など盛りだくさんな内容です。
令和4年(2022年)10月8日(土)10:00〜16:30 しが地域文化遺産フェスin 多賀
 会場:あけぼのパーク多賀 ホール 大小会議室 美工展示室 文化財センター研修室 など
○トークセッション「まちづくりと文化財」10:00〜16:15    
 場所:あけぼのパーク多賀大会議室
 定員各回:30名
○マルシェ「よびし市」11:00〜15:00
○文化財お悩み相談会
 随時
○ワークショップ 随時
 文化財の修理前調査体験と仏像の応急修理体験は各回予約制になっています
参加費:無料 一部有料
主催:滋賀県 多賀町教育委員会
協賛:多賀町まちづくりネットワーク・彦根城世界遺産登録推進協議会・坂田墨珠堂・楽浪文化財修理所・文化遺産プランニング
問い合わせ先:多賀町立文化財センター (電話 0749-48-0348)
◇チラシはこちら
※新型コロナウィルス感染症の感染拡大、その他の状況により、延期や中止になる場合があります。
※ウィルス感染対策として、参加の際はマスク着用をお願します。また、発熱や体調不良などの症状がある方は参加をご遠慮ください
◇しが地域遺産フェスin多賀 当日のようすは→こちら

天体観望会 〜小惑星アケボノゾウ(Akebonozou)と秋の星を見る〜

○○○○○○○○イメージ ○○○○○○○○イメージ

 ダイニックアストロパーク天究館の杉江淳氏(現館長)が1993年に発見した小惑星No.12349が、今年の春、小惑星Akebonozou (アケボノゾウ)と正式に命名されました。これを記念する企画展として「多賀と星とゾウの物語」〈10月1日(土)〜30日(日))を実施します。
 今年の秋は、見ごろになっている小惑星Akebonozouと星空に想いを馳せましょう。天究館友の会の方々のご協力をいただいて秋の星を観察し、天究館の天体望遠鏡で小惑星Akebonozouや木星・土星と秋の星々を観察します。
令和4年(2022年) 10月16日(日)19:30〜21:30
場所:ダイニックアストロパーク天究館 (0749-48-1820)(多賀町多賀283-1)
集合:19時15分にダイニックアストロパーク天究館まで
協力:ダイニックアストロパーク天究館、天究館友の会
参加費:大人200円、子ども100円(天究館観望料)
定員:40人 (10人の班にわかれて行動します)定員に達し次第締め切ります。
申込み・お問い合わせ:多賀町立博物館(電話 0749-48-2077) 
※天候が曇り・雨の場合も実施し、その場合は別メニューを用意します。 (→※ 当日は曇りでしたが、木星・土星・海王星など見えました。 残念ながら、小惑星”Akebonozou”まではちょっと無理でした。)
※新型コロナウィルス感染予防・拡散防止についてご理解とご協力をお願いします。新型コロナウィルスの感染状況等によっては急遽中止となる場合もあります。
◇チラシはこちら

ワークショップ「ぞうのひとふでがきWS 」

ワークショップイメージひとふでがきイメージワークショップイメージワークショップイメージワークショップイメージ

来年の3月18日から4月9日にかけて「シガタガゾウのアート展」が開催されます。そのアート展に向けての作品づくりのワークショップが、アート展のプロデュ−サーの神谷利男さんを講師に、実施されます。ひとふでがきで絵を描くアートの作品づくりを体験し、完成した作品をアート展に出品しましょう。
令和4年(2022年 )11月12日(土) 13:00〜14:30      
場所:あけぼのパーク多賀 大会議室 → 当日は場所をあけぼのパークのホールで実施しました。(上の写真はその様子) 
講師:神谷利男さん(アートディレクター)
参加費:1人2,000円(材料費、出品料等)
対象:4歳〜大人(小学生は1人で参加可能)
定員:15組(事前申し込み) 当日参加も受けつけます!!
持参物:汚れてもよい服装、鉛筆、消しゴム、あればカラーペン・色鉛筆など
主催:シガタガゾウのサト祭り実行委員会 共催:多賀町立博物館・多賀町まちづくりネットワーク
申し込み:多賀町立文化財センター 電話0749-48-0348 e-mail bunkazai@town.taga/lg.jp 
チラシはこちら 

17

バナースペース


)