ページの先頭です

警戒レベルの運用について

[2019年7月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

防災情報と警戒レベルの運用について

 台風・豪雨等の風水害時に住民の皆さんの避難につなげる情報として、5段階の警戒レベルが設定されました。

 これは、内閣府が平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン」を改定したためです。当町におきましても、このガイドラインに基づき、災害の状況により発表される警戒レベルの段階に応じて、「自らの命は自らが守る」意識を元に、気象庁または町から発表される避難所情報、避難情報などの防災情報から、判断いただき、避難につなげていただきますようにお知らせします。

 気象庁からは、避難の心構えや避難準備の前段階情報である警戒レベル1から警戒レベル2までの情報が配信されます。

 町から避難準備・高齢者等避難開始(警戒レベル3)が発令された際は、避難準備をしてください。また高齢者、身体が不自由な方、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭等要支援が必要な方がについては、避難してください。

 避難勧告(警戒レベル4)が発令された際には速やかに避難行動をとってください。

 また、多くの場合、防災気象情報は町が発令する避難勧告等よりも先に発表されます。このため、避難が必要とされる警戒レベル4や高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当する防災気象情報が発表された際には、避難勧告等が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報等を用いて避難の判断をしてください。

防災情報の通知方法が変わりました。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多賀町役場 2階 総務課 

お問い合わせフォーム


警戒レベルの運用についてへの別ルート

別途注釈がある場合を除いて、本サイトの内容はクリエイティブコモンズライセンス表示4.0の下で提供されます。